絶対失敗しない!業者の選び方

フロアコーティングは今、人気と注目を集めているサービスです。でも、それだけに、粗悪なコーティング剤を用いていたり、確かな知識や技術もなく、施工販売したりといった、悪質な業者が居るのも事実です。
大切なマイホームのコーティングを失敗しない為の「業者選びのポイント」を伝授します。

  • ポイント1
  • ポイント2
  • ポイント3
  • ポイント4
  • ポイント5

サービス内容や実績数など、業者のホームページを見て選ぶ際に、気をつけたいポイントが以下の3つになります。本当にしっかりとした会社か、最初の見極めが肝心です。

1.「お客様の声」を見る

実際のお客さんの感想は、何よりも信用のおける情報源。確かな実績を持った会社なら、 このコンテンツは自然と充実しているはず。 逆に、掲示板などは「業者自身による宣伝や誹謗中傷」も多いので、確実に見分ける自信の無い 限りは、参考程度に留めましょう。

コメント

2.「施工の流れ」や「フローチャート」、施工実績のページを見る

親切な会社であれば、一般の人には分かり辛い部分についての説明には手を抜きません。また、実際に数多くの施工をこなしていれば、このような写真も豊富に所有しているはずです。
数枚の写真が貼ってあるだけだったり、施工の工程は無く、完成写真しかないような会社ではちょっと不安です。

3.コーティング種類」のページをよく見よう

どんな成分の、どんなコーティングなのか?試験表等の客観的なデータはあるのか?
「イメージだけで付ネーミングの、内容不明なコーティング」では、安心して頼むことはできないし、そのような会社では信用がでけられたきません。それぞれのコーティングについて、しっかりと解説し、試験表等のデータも揃っている会社を選びましょう。

コメント

非常に大切な条件といえます。
この段階で、会社は殆ど絞れるはずです。
なぜなら、コーティングのサンプルを見れば、その会社の用いているコーティングの性能が確かめられますし、付属する資料の充実度で、会社の実態や、フロアコーティングにかける情熱も伺えます。

コメント

「安かろう悪かろう」は、フロアコーティングも一緒。 特にフロアコーティングは基本的に一回限りのサービスなので、低価格に振り回され過ぎず、内容の確かなコーティングと会社を選びましょう。
その上で「より安く」を求めるのは、もちろんOK

コメント

どこでフロアコーティングをするか迷ったら、このポイントにも注目してみましょう。清掃業者がバイト感覚の副業として「コーティング」施工しているケースも意外と多い様です。
フロアコーティング施工はフローリングの種類にも、気温や湿度にも対応しなければならない繊細な作業。確かな技術と豊富なノウハウを持った「専門会社」にお願いするのが正解。

コメント

ここで、会社選びのすべてが決まります。驚く事に、何だかんだと理由を付けて断る会社が殆どです。それは前項の通り、個人の清掃業者さんが市販の安価なコーティング剤を仕入れて「小遣い稼ぎ」にやっていたり、ホームページだけ立派で実体が無い会社が多い為です。
逆に、ちゃんとしたコーティング会社であれば、快く受け入れてくれ、決して嫌がったりはしないはず。電話では分かりにくかったポイントも、実際にサンプルを用いたりなどして、より詳しく説明してくれるでしょう。イジワルかも知れませんが、たとえ行く予定が無くても「行って良いかどうか」一度聞いて試してみるのもいいかも知れません。

コメント

※下記の比較サイトや口コミサイトの情報を参考に決めて見ると良いかもしれません。